高血圧の改善と予防の為の食事療法

高血圧の方にお勧めの緑黄色野菜

高血圧の改善と予防の為の食事療法は、食事にとても
気を使うことになります。そして、まずは塩分を控えることです。

改善内容

まずは減塩とカロリーのコントロールですよね?

食塩を摂り過ぎることは、血圧を上げる原因になりますので、
毎日の食事に気を配り、塩を減らしカロリーをコントロールしましょう。

減塩食は薄味で、最初は物足りなく感じるかもしれませんが、
舌も慣れてきます。少しの工夫で食材の味そのものを
楽しめるように調理をすれば、楽しんで頂けるはずです。

塩分の摂取量を、1日6グラム未満にしないといけません。
日本人の1日の摂取量は11~13グラムですが、
どれだけ減らさないといけないかは、個人差も有りますので、
詳しくは主治医にも聞いて確認して下さい。

また減塩以外にも、色々と気を配る必要があります。
偏食、就寝前、夜食、頻繁な間食、これらすべては
やってはいけません。これらが原因で肥満になり、
それが血圧を上げる事になります。

今一度、食生活を見直しませんか?

健康の見本の様な、そんな食生活が求められますので、
今一度毎日の生活を見なおして、3食を規則正しく食べましょう。

満腹状態が続き、肥満になると動脈硬化を起こす可能性も
高くなりますので、栄養バランス良く食べ過ぎず、腹八分で楽しむことです。

急に大幅に減らすと食欲の減退にも繋がり、体に悪い影響もあるので、
医者・栄養士に相談のうえ確認をとって下さい。
「高血圧の改善と予防の為の食事療法」の続きを読む…

菊芋・紅菊芋とは?

001

血糖値を抑制する紅菊芋

菊芋紅菊芋が一体どういった物なのかを、ご紹介致します。

この紅菊芋が凄いんですよ。
既にご存知かたも見えるかと思いますが、この芋を摂取することで
血糖値を下げる効果・効能が有ると言われています。

菊芋は元は北米が原産ですが、南米、ヨーロッパ、オセアニア、
アジアでも収穫されています。

ただ、この菊芋と紅菊芋は、見た目も含まれる食物繊維質の量も
違っています。大きな違いは、含まれる食物繊維質である、
”イヌリン”の量が紅菊芋にはとても多く、
血糖値を抑えてくれる
働きをします。

そして上記以外の効能も多く、下記の改善が望めます。


腸内環境の改善
脂肪吸収、血中脂肪の抑制(ダイエトにも!)
スキンケア
代謝サポート
コレステロール値低下
疲労回復・免疫力アップ
貧血予防
抗酸化作用
血流改善

と、こんなに多く有ります。

特に下記で紹介されている紅菊芋をパウダー状にしたものが
販売されていますが、この製品は茨城県で製造された物です。

茨城大学の農学部と共同で研究もされていて、効果・効能もお墨付き。
そして農業学会でも紹介されていますし、安心して口に出来ますよね。
「菊芋・紅菊芋とは?」の続きを読む…